日々の散財記録


by masayuki1965
カレンダー

<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

GT
イタリアン・カロッツエリアの名門、ベルトーネにてアルファ・ロメオの最新既存コンポーネンツを駆使して製作されたスタイリッシュな2ドア・クーペ。
美しいベルトーネ・デザインのクーペはGTとしての大人4人の居住スペースと動力性能を見事に両立させている。

京商 『サークルK』『サンクス』限定 Alfa Romeo Miniature car Collectionより
f0038743_22309.jpg


Giulia Sprint GTA 1300 Junior
当時の1.3Lクラスのヨーロッパ・ツーリングカーチャンピオンシップを制す目的用にGiulia Sprint GTA 1600のエンジンをショートストローク化したレース・ユース主体のベース車。
1600との違いは基本的にエンジンの排気量とインストルメント・パネルの違いに止まる。
f0038743_226087.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-31 22:07 | 1/64

Lamborghini Minicar Collection

Lamborghini Murcielago 2001
アウディグループの傘下になり、初めて発売されたモデル。
カウンタック、ディアブロと受け継がれてきたガルウイングタイプのドアや数多くのデザインモチーフを上手く取り入れ、快適性の増した居住性、高い動力性能を誇る。
f0038743_2229921.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-30 22:29 | 1/64

Countach LP5000SとLP500S

LP5000S(white)とCountach LP500S(red)
違いが解ったあなたかなりの通です。
f0038743_22134380.jpg

f0038743_22151166.jpg
f0038743_22152388.jpg

個人的にはLP5000S(white)の方が好みです。
[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-29 22:20 | 1/64

やっと入手した好きな色

JOTA
シャシーNo.5084(世界に一台しかないリアルイオタ)
外装色:レッド&シルバー
内装色:ブラック
を再現したミニカーだと思うので、やっぱり赤色は手に入れたい色です。
やっとの思い出入手できましたが、塗装欠けがありちょっとショックです。
(頼みますよ京商さん)
f0038743_21405056.jpg

MURCIELAGO R-GT
シリーズ発売時は全く気にも留めていなかったのですが、各ブログで取り上がられている画像を見てほしくなり今日やっと手に入れました。
評判通し凄くいいです。
f0038743_2141839.jpg

MIURA P400
ミウラといえば黄色かな?とも思ったのですが実は金色もかなりいいです。
f0038743_21412348.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-28 21:57 | 1/64

サイズの比較

メインで集めているミニカーは1/64ですが、実際にはどのようなサイズでしょうか?
f0038743_15425785.jpg

画像のミニカーは上から1/100、1/64.1/43のXANAVI NISMO Z (2004)です。

1/100は『サークルK』『サンクス』で缶コーヒーのおまけで無料で付いてきたものです。(京商製です)
f0038743_15523842.jpg

携帯の上に乗せるとその大きさがよく解ると思います。
このサイズで、この出来、ビックリですよね。
クリアパーツが少ないのが少し残念ですが、無料でもらえるおまけでこの出来は驚き以外の何者でもないですね。
f0038743_15553686.jpg

1/64はKyosho Beads Collection
このサイズになると、ライト類もクリアパーツになり完成度もかなり上がりますね。
内装もロールバー、ブレーキディスクも再現されています。
f0038743_15525917.jpg

1/43はEBBRO GT ASSOCIATION OFFICIAL MINIATUREMODEL SERIES
このサイズになると、アンテナやバックミラーのミラー面(画像には写っていませんが)、ワイパーなども窓と別パーツで再現されています。
f0038743_15532358.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-27 16:14 | その他

Alfa Romeo 159

156の後継車種。ボディ・サイズは156より大型化されています。

f0038743_1114476.jpg


左は通常製品、右はちょっと手を入れたものです。(まだ、途中なのですが・・・。)
変更箇所は、ライト周りをレンズ周りをシルバーと黒で塗り分けています。(写真では解りにくいですが・・・。)

f0038743_1152251.jpg

車高も少し下げています。
ミラーも塗装しています。

f0038743_116533.jpg


アンテナの取り付けとマフラーも切り落としてwaveのC・パイプをカットして取り付けています。

内装も塗装しています。(最終的にはタン(茶色)にするつもりです。)

なかなか、時間が取れないので納得できる完成はいつのことやら・・・。
[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-26 11:13 | 1/64
SILHOUETTE
1976年にリリースされたシルエットは、先にデビューを飾った4シーターモデルであるウラッコをベースとした2シータースポーツモデル。
f0038743_22474988.jpg


手前から
ESPADA:1968年のジュネーブショーで後悔されたエスパーダはランボルギーニ初のフル4シーターGT.
JARAMA:1970年にデビューを飾ったハラマはコンパクトな2+2スポーツとして。エスパーダをベースに開発されたモデル。
LM002:1982年に発表されたLM002はランボルギーニとしては異色のモデルとなる。
カウンタック用V12DOHCエンジンをフロントに搭載する。
f0038743_22532469.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-25 22:53 | 1/64
Gallardo
2003年のジュネーブショーでデビューを飾ったがやる度はランボルギーニ初の本格量産モデル。
ミッドシップレイアウトを採用するコンパクトなボディに500psを発生するV10エンジンを搭載、駆動方式はフルタイム4WDを採用。
最高速は309km/hと発表されてる。

f0038743_2045796.jpg


Countach LP500S
ミウラの後継モデルとして1971年のジュネーブショーで公開されたカウンタック。1975年にリリースされた市販モデルは375psを発生する4リッターV12エンジンを搭載、その最高速は315km/hを謳う。
その後は改良を加えながら1990年まで生産された。
f0038743_20483585.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-24 20:45 | 1/64
MIURA P400
ランボルギーニとして初のミッドシップ・スポーツカーとして1966年にデビュー
マルチェロ;ガンディーニの手による端正なボディーには350psを発生するV12エンジンを搭載、280km/hの最高速を誇った。
f0038743_19341030.jpg


DIABLO SV
1990年、カウンタックに変わるモデルとして発表されたディアブロ。
SVは、スポーティーな仕立てが施された後輪駆動モデルで、軽量化に加えてギア比なども変更されている。
f0038743_19373813.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-23 19:37 | 1/64
JOTA & MURCIELAGO R-GT
JOTA
ミウラをベースにFIAが定めるアペンディックスJ項に沿って開発された幻のレース用実験車両、わずか1台のみ作られたイオタだが、不慮の事故によって失われてしまった。

f0038743_2128719.jpg


MURCIELAGO R-GT
2002年に発売されたランボルギーニのフラッグシップ、ムルシエラゴ。R-GTはそのレース用モデルとして2003年に発表された。

京商『サークルK』『サンクス』限定商品 より
f0038743_21312194.jpg

[PR]
by masayuki1965 | 2006-08-22 21:31 | 1/64